岡野の合格無料ゼミ ― 英語検定試験(英検)を独学で合格を目指される方へ、教材の大部分を無料で提供している無料eラーニングです。

英語検定試験(英検)講座

資格・検定中心に全40講座
[ ホーム | 新規登録 | ログイン ]
[無料] 英語検定(英検)対策 WEB問題集(過去問分析)・計画を立てる [無料] 英語検定(英検)対策 WEB問題集(過去問分析)・問題を解く [無料] 英語検定(英検)対策 WEB問題集(過去問分析)・理解を深める [無料] 英語検定(英検)対策 WEB問題集(過去問分析)・分析する [無料] 英語検定(英検)対策 WEB問題集(過去問分析)・仲間と交流する [無料] 英語検定(英検)対策 WEB問題集(過去問分析)・資料館 [無料] 英語検定(英検)対策 WEB問題集(過去問分析)・参加する
ホーム ≫ 傾向と対策
スポンサードリンク

語彙問題・英単語 [英→日・択一]

英単語は、基本的に文章の中で覚えることが、応用力も養え実践的で最も良い方法です。
ただし、英検や受験を控えて試験を比較的短期で合格を一番の目的にする場合、全ての単語を文章の中で覚えるというは非効率な点もあります。
特に英検では、よく出題される英単語があるのも事実です。
当サイトでは、英文で覚えるだけでは網羅できない英単語を補完的に覚えるために利用して頂く為に、練習問題を設置しました。
効率的に覚えられるように、個人の忘却曲線を計算して忘却率を算出しながら、よく間違える英単語の傾向も配慮して、頻度の高い順に出題しますので、市販の単語帳よりも効率的に暗記できるものを考えております。

英作文問題 [語順整序・択一]

学生さんの場合でしたら、お使いの教科書でしっかり勉強されるのが一番の近道です。
社会人で、昔習った英文法がさっぱり分からなくなった方も同様です。
英検は、文部科学省認定だけあって、検定教科書の範囲を超える問題はほとんど出ませんので、教科書や中学生・高校生向けの英文法の参考書で勉強されることをオススメします。
当サイトでも、英文法初心者の方でも学習ができるように、基礎的な英文法の問題から過去の出題された英文法の問題を揃えていますので、教科書・参考書で一通り基礎力がつきましたら、問題練習して頂くと知識の定着に宜しいかと思います。

実践的な英語力を身につけるには、英検などの試験勉強の他に時事英語に触れておくことが必要です。せっかく英検で上位級をとっても、英字新聞やテレビの二ヶ国語放送がさっぱりという人はとても多くいます。
これらの時事英語に強くなるための近道は、時事英語特有の表現・単語になれることです。
そうすることで、格段に時事英語にアレルギーをなくすことができます。
一方、文法やヒアリングについては英検の勉強で十分対応できます。
 
時事英語が勉強できる媒体は数多くありますが、あまり多くリストアップしても迷うと思いますので、厳選して以下のメディアをピックアップさせて頂きました。
モチロン時間の制約がありますから全てやる必要はありません。理想としては下から3~4種類を選んで毎日コンスタントに時事英語に触れてください。
 
【英字新聞(国内)】
朝日新聞
読売新聞
毎日新聞
Japan Times
 
【英字新聞(外国)】
washingtonpost
NewYorkTimes
 
【テレビ】
NHKニュース7 二ヶ国語放送(NHK)
 
【ラジオ】
AFN
VOA News
 
なお、上記で挙げたような時事英語でよく出てくる表現・単語は、当サイトの練習問題に組み込んでいます。
多くのメディアを毎月集計して頻度の高い表現から収録していますので、前もってまとめて当練習問題で表現を覚えおくとスムーズに時事英語に入っていけるのではないかと思います。

私も、昔はヒアリングが苦手でした。学生時代は全くヒアリングはダメでしたが、社会人になってからふとしたきっかけで一時期猛勉強してからアレルギーが全くなくなりました。
ヒアリングに関しては、なかなか効果が現れにくく挫折しやすいところだと思います。
私のヒアリング克服法としては、以下に記述させて頂きましたので良かったら参考にして下さい。
 
1. 語彙力を増強する
ヒアリング力の大前提として語彙力がなければスタートラインにも立てません。
語彙力がないのにヒアリングしても、それは感覚で聴いているに過ぎませんので、ヒアリングの原稿を見て知らない単語が多い場合にはまず語彙力増強に力を入れてください。
 
2.個々の英単語の発音をしっかり覚える
語彙力があっても、変な語呂合わせで英単語を覚えていると、ヒアリングでは全く役に立たなくなります。 発音も含めて語彙力だと考えてください。
 
3. 英語の発音の変化を勉強して、基本的な理屈を理解する。
英語は、発音される際に英単語一個一個の発音とは違う変化が起こります。一個の英単語で発音してもらうと分かるのに、文の中で発音されると分からなくなるのはそのためです。
この変化はある程度規則性がありますので、それらの規則を理解するだけでも格段にヒアリング力が上がります。当然、発音の方も良くなります。
 
4. 毎日欠かさずに英語を聴く
以上の対策を立てた後は、実践あるのみです。この時のヒアリング教材の選択で最も大事なことは、レベルに合ったものを選択することです。
レベルに合った教材を確実に理解して、自信をつけながらステップアップしてください。それが近道です。
 
5. ヒアリング教材を購入する(任意)
英語独特の高周波を聴いて英語の発声になれるという○○○を半信半疑で試してみたのですが、確かに聴きやすくなったという実感はあります。
ただし、値段が比較的高いですので、1.~4.まで実践してどうしてもダメという人には試す価値は十分あると思います。
 
以上の方法を実践して、4ヶ月で苦手だったヒアリングもある程度自信をもつことができるようになりました。英検ではないですが、TOEICのヒアリングセクションで4ヶ月で220点から410点に上昇しました。

スポンサード リンク

 
■ 無料学習機能・成績分析
英語検定試験(英検)問題集
成績ランキング
総合分析
分野別分析
記憶力分析
時系列分析
苦手問題分析
シミュレーション
オリジナル問題制作
■ ユーザー交流の場
掲示板
自己紹介掲示板
雑談・息抜き掲示板
疑問掲示板
ご要望掲示板
受験生データ
皆さんの息抜きコメ
削除候補リスト
ユーザーコメントがある問題
■ 試験情報
英語検定試験(英検)
試験情報
傾向と対策
参考書&学習ノート・メニュー
試験に関するよくある質問 (Q&A)・メニュー
試験に役立つ資料集・用語集
合格学習スケジュール
リンク集
■ 運営・サポート
ログイン
ユーザー登録
管理人(岡野秀夫)
よくあるご質問
問い合わせ・ご意見
問題制作依頼(コンテンツ提供)
変更履歴
著作権
免責事項
姉妹学習サイト
Copyright (C) 1996-2019 岡野秀夫. All Rights Reserved. (processing time 0.01s)
英語検定試験(英検)対策に問題集及びテキストと、無料eラーニングで独学をサポートしています。